文字サイズ
  • 文字サイズを中にする
  • 文字サイズを大にする
MENU CLOSE
キービジュアル

お知らせ

コロナ禍の信仰について

○私たちの教会は、新型コロナウィルス感染予防のために、4月~5月にかけて2か月間礼拝を休止しました。その間、牧師の説教原稿を会員に配布し、各自で礼拝していただきました。

○日曜日の礼拝を休むということは、教会として今までに経験したことのないことでした。その経験の中で、改めて「祈る」ことの大切さを教えられました。祈ることは、いつ、どこでも、どんな状況の中でもできます。この祈りこそ礼拝の基礎であり、信仰の原点であることを改めて教えられました。

○コロナ禍にあって、改めて「神の言葉はつながれていない」(Ⅱテモテ2章9節)という聖書の言葉を思わされます。

現在の教会の様子と今後の予定について

★現在は、「三密」回避に心がけながら、簡素化した形で礼拝を行っております。
★週日の集会、聖書輪読会(火曜日10:30~11:30)と聖書の学び・祈祷会(木曜日10:30~11:30)は、通常通り行っております。
★10月に予定しておりました音楽礼拝は、新型コロナウィルス感染予防のため、来年度に延期することにしました。
★神学校日礼拝を下記のように行います。どなたもご出席ください。
 日 時:10月18日(日)10:30~
 神学生:倉持おりぶ神学生(東京神学大学修士課程2年)

今年のクリスマス礼拝の予定

今年のクリスマス礼拝の予定

●12月19日(土)13:00~15:00
 こどもクリスマス礼拝・お祝いの会
●12月20日(日)10:30~
 クリスマス礼拝
●12月24日(火)19:00~20:15
 クリスマス・イブ礼拝
(※上記のポスターは昨年のクリスマスのものです。)